ばっちの日常

好きなことをして、好きなことを書いています。

2019年セリーグ順位予想・解説

こんにちは。プロ野球2019年シーズン開幕が迫って参りました。

 

 

 

今回はセリーグ順位予想の根拠とシーズンの注目選手をお伝えできればと思います。

 

ちなみに昨年は

 実際の順位は、広島・ヤクルト・巨人・横浜・中日・ヤクルトとなりましたので大きく予想を外しています。

開幕前の予想では横浜DeNAが打線が繋がり投手陣が安定した成績を残すと思っておりましたが、実際は今永選手の不振を筆頭に先発陣が崩壊。またソト選手の加入は大きかったのですが得点力は下位レベルとクリーンアップ以外の層の薄さが露呈しました。

反対にヤクルトに関しては青木選手の加入と若手選手の台頭で投打が噛み合いAクラスに食い込んでいます。

 

ここからは順位予想と注目選手を解説していきます。

上記のTwitter画像と期間が空いたのでオープン戦を見た上で予想を変更しています

 

1位 広島東洋カープ

注目選手→小園選手

丸選手がFA権行使により巨人に移籍、新井選手の現役引退により戦力ダウンしていると思われていますが、若手の台頭などで総合力では群を抜いていると思います。また會澤選手の流出に備えて板倉選手を経験も兼ねて捕手で起用してもおかしくないのではと思います。

オープン戦では高卒新人の小園選手が活躍していて一軍でも通用するのではと思いますので今後注目しておきたい選手です。

 

 

2i位 読売ジャイアンツ

注目選手→丸選手・大城選手

丸選手・炭谷選手・中島宏之選手・岩隈選手・新外国人選手と大型補強が相次ぎました。大きなトピックとしては原辰徳監督の再登板となります。

懸念とすれば去年より弱点が露呈している救護陣ではないかと思います。オープン戦では新外国人のクック選手や澤村選手の不調がありましたので、シーズンインしてどう立て直すかどうかが鍵を握るのではと思います。

注目の大城選手が捕手陣の中では好調で、どの選手を捕手として起用していくか見どころですが、予想では、開幕投手の菅野選手に合わせて開幕戦は小林選手の起用、それ以降は炭谷選手・大城選手・小林選手で投手の相性や相手投手の左右によって当面は使い分けるのではないかと思います。捕手復帰で注目を集めた阿部選手は代打限定の起用になるでしょう。

 

3位 東京ヤクルトスワローズ

注目選手→村上選手・塩見選手

去年は若手の台頭により2位に食い込ん出ますが、今年もAクラスに食い込んでくるのでは予想します。

注目選手の中では、川端選手に変わって正三塁手として村上選手が本格的に台頭していくと思います。塩見選手に関しては外野のレギュラーがバレンティン選手

青木選手・雄平選手と固まっているので代打・守備固め・休養日での起用になってくるのではないかと思います。

個人的には先発選手がもう一枚欲しいところ。

 

4位 横浜DeNAベイスターズ

注目選手→今永選手・上茶谷選手

去年に関しては先発陣の崩壊・クリーンアップ以外の得点力の低迷でBクラスに沈んでしまっています。野手陣に関しては補強がほぼなかったため既存選手の底上げに期待です

やはり成績の鍵を握るのは先発陣ではないかと思います。特に開幕投手に任命されて好調とも言われる今永選手・ドラフト1位上茶屋選手などポテンシャルが高い選手が揃っているので期待したいと思います。

 

5位 阪神タイガース

注目選手→木浪選手

去年オフにFAで西選手、自由契約でガルシア選手を補強しています。また新人では木浪選手・近本選手がオープン戦にて好調です。しかし外野のレギュラーの糸井選手・福留選手に続く選手が出てきていない状況です。個人的には中谷選手・高山選手・江越選手に期待していたのですが・・・

補強したといえまだまだ上位には厳しいのかと思います。

 

6位 中日ドラゴンズ

注目選手→笠原選手

 特に目立った補強はなし。絶対的エースがいない中、松坂選手が怪我離脱などと厳しい状況が続いています。去年は投手陣の不調が響いていたので難しいところ

日米野球で好投した笠原選手が開幕投手を務める予定ですが、まずは一年間怪我なくローテーションを周りきって欲しいと思います。

 

 

予想自体は毎年行って毎年外していますが、注目していきたいと思います。