ばっちの日常

好きなことをして、好きなことを書いています。

世界選手権2019 女子シングルス予想

前回の男子シングルスの予想に続き、今回は

結論から。

◎丁寧

◯王曼昱、劉誌雯、陳夢

□孫頴莎、伊藤美誠、フォンテンウェイ

石川佳純平野美宇、鄭怡静、杜凱琹

▲佐藤瞳、加藤美優、キムソンイ、徐孝元、田志希、スッチ

 

基準として

◎ 優勝候補筆頭

◯ 準決勝までいく確率は75パーセント、◎にも勝てるポテンシャルはある。

□ 優勝までは難しいが、組み合わせ次第ではメダルが取れる可能性がある

△ベスト8争い

▲大穴、格下に負ける可能性もある

 

女子シングルスに関しては4シードを中国選手(

丁寧、王曼昱、劉詩雯、陳夢)で占めているため、これらの選手が破れるという大波乱が起こらない限り、中国選手には最低でも1回勝たないといけない形になります。したがって客観的に中国選手に勝てる確率が高い選手を□に挙げさせていただきました。個人的には研究はされていますが、伊藤美誠選手に順々決勝で中国選手を打ち負かす期待をしています。

あとは中国の孫頴莎選手の世界ランキングが低いため、32シードに配置されることが濃厚になっていますので、孫頴莎選手がどこに入るかが戦局を占う鍵になるのではないでしょうか。

コミュニティデイについて一言

まずは4月のコミュニティデイお疲れ様でした。不具合もありながら楽しめたのではないでしょうか。

今回は様々な声が出ていたので、結果報告の前に自分なりの考えをまとめてみようと思います。

もしかしたら不快に思えるかたがいる可能性もあるので、ブラウザバックも推奨します。

 

続きを読む

世界選手権2019 男子シングルス予想

卓球の世界選手権個人戦2019、ブダペスト大会の開幕が近づいてきました。開幕日は4月23日。

日本のテレビ局では連日報道されていますね。

そこで何回かに分けて選手分析と優勝候補を予想していきたいと思います。

今回は男子シングルスから。

 

結論から。

◎馬龍、樊振東

◯許シン、張本智和

□林高遠、ティモ・ボル

△イサンス、カルデラノ、ジャンウジン、水谷隼、梁靖崑

▲オフチャロフ、丹羽孝希、ピッチフォード、鄭栄植、サムソノフ、黄鎮廷、

 

個人的にはメダル候補はこれくらいかなと思います。

基準としては

◎ 優勝候補筆頭

◯ 準決勝までいく確率は50パーセント、◎にも勝てるポテンシャルはある。

□ 優勝までは難しいが、組み合わせ次第ではメダルが取れるレベル

△ベスト8争い、◯□と争える

▲大穴、当たれば強いが格下に負ける可能性が高い。

 

怪我の影響で馬龍選手の世界ランキングが低く16シードでの出場となりますが、現世界ランキング1位の樊振東と同等の実力を持っていて優勝候補の双璧ですが、自分の予想では経験の差で馬龍選手が世界選手権3連覇を達成するのではと思います。したがって馬龍選手がどこの山に入るかも戦局を大きく動かします。

◯に挙げた1人目許シン選手も実力がありますが、馬龍、樊振東選手には大舞台では分が悪く、同士討ちに当たれば相性的にも厳しい。

張本智和選手に関してはアジア選手には強く、ヨーロッパ選手に対しては苦手にしている傾向にしています。メダルを獲得できるかは組み合わせ次第でしょうか。

あとはこの世界選手権に関しては2020年のオリンピックのランキングポイントにも関わってきますので、目の色を変えて各選手が望んでくるのではないでしょうか

 

次回は女子シングルスの予想でも。。

 

 

 

開幕後から雑感・殴り書き パ・リーグ編

大分日が空きましたが開幕数試合を見た現状と今後の展望をゆるく伝えていければと思います。

今回はパシフィックリーグ編。

 

西武ライオンズ

予想以上に先発陣は耐えているかと思います。

離脱している内海、榎田選手が戻ってくれば優勝戦線に残れるかと思います。

打線は相変わらず。

 

福岡ソフトバンクホークス

開幕前の中村晃選手に続き、柳田、グラシアル両選手が離脱したことは痛手ですね。書き方は申し訳ないのですが、クリーンアップに松田宣浩選手がいる状況だと苦しい。

主力が離脱している期間は5割程度でもいいので1人でも多くの若手が起用されてブレークすることを期待しています。

投手陣は期待以上でイチオシの選手に挙げた甲斐野選手は大活躍してます。

 

日本ハムファイターズ

オープナー起用など奇策を色々試している印象。その加藤貴之投手は2巡目以降は打たれやすいので先発から短いイニングを投げていく感じに今後もなっていくのではと思います。

打線は開幕前の予想通り。

 

オリックスバファローズ

開幕前で打線の不調は予想されてましたが、吉田正尚選手とメネセス選手の不振がかなり痛いのではないでしょうか。すでに延長戦に持ち込まれることが多くなっているので状態が上がってこないと今後も厳しいと思います。

一方で先発陣は西、金子選手が抜けたにも関わらず、予想以上の好調。特に山本由伸選手の出来は素晴らしいですね。

 

千葉ロッテマリーンズ

ホームランラグーンを設置した影響で投手陣が苦戦、打撃成績は伸びると予想してましたが、実際はかなり変動しています。

打撃が好調でも、チーム防御率が6点台以上だと難しいと思います。

 

楽天ゴールデンイーグルス

打線も好調で、投手陣に関しても則本選手の穴を埋めるだけではなくそれ以上の活躍をしているのではと思います。先発がある程度の数字は残せるのではあとは下位打線次第かなと感じます。今年のダークホース

 

 

 

・おまけ、途中補強がありそうな選手

・・牧田和久投手

現状2Aで厳しい成績となっています。日本での実績もあるのでブルペン要員で可能性はありそうです。

 

・・西岡剛選手

昨シーズン阪神を戦力外となりましたが、独立リーグでも成績は残しているので、打線の穴が埋まらない球団がありそうです。

個人的にはどこも守れないものとして考えたほうがいいと思う。